奮闘記 in KOLKATA




ニルマル・ヒルダイ この夏の変・不変
うーん、少し何か違う。男性患者が35名平均なのに女性側は50名をいつも超える。
毎夏は男女ともベッドが足りないくらいなのに、幾分少なめなのと男女のアンバランス。
以前、州政府の貧困対策はどちらかと言えば“美化作戦”ではないかと言ったが、
どうもそれと関係ありそう。どうしてか?
ニルマル・ヒルダイに運ばれてくる重症患者は、
コルカタで一番大きなターミナル駅であるハウラー駅から
ボランティアにピックアップされて来た人達がほとんどであるが、
最近、駅構内のポリス巡回が徹底しているのである。
生き倒れのごとき人々をこん棒で容赦なく追い出すらしい。
私も何度か見に行ったが、確かに前と様子が違う。
プラットホームや構内でそれとおぼしき人々を見かけないくらいなのだ。
このワークをしているボランテイアに聞くと、汚れて弱った人達を、
腕をへし折ってでも追い出す警官もいるらしい。
従って、構内だけでなく、周辺も見て廻り、目立たぬところで
ひっそり居る人達を見つけてあげなければならないという。
絶対数が格段に減っているという訳ではないようだ。
男性が少なめなのは、駅より遠く離れてさまよっているせいかしらと推測するが、
よくは分からない。

運び込まれた患者さんの症状は相変わらずである。
言葉を絶する悪臭、ウジ虫の巣と化した傷口、
折れて曲がったまま固まった足……、腸チフスも今年多かった。
よい家庭であっても厄介者扱いされて放り出されたハンディキャップ老人も時々。
骨の結核(脊椎カリエス)と診断されたアニマはまだ30歳くらいだが、
手術を受けても治る見込みは1%と言われ、
投薬を続けながら全身が麻痺してやがては死に至るのを待っている。
やはり20歳前のブディンは、頭に握りこぶし大の腫瘍で運び込まれ、
感染症ながらガンではないとのことで、40万ルピーもする大手術を受けた。
インド人も含む多数の善意の寄付金のお陰であるが、これほどの寄付は前例がない。
大きく切り取った頭蓋骨のあとにスティールをかぶせて皮膚の移植をし、
順調に回復している。周囲だけ髪のあるツルツル頭でも、
元気になって早くビハール州のふる里に帰りたいと。
“笑顔が見たいよ”と呼びかけても、
いつも“ナー”と言って首を振っていた愛すべきマンジュー婆ちゃんは、
腸チフスで40度の高熱が2日間続きあっけなく逝ってしまった。
患者さんの食事が例年になくリッチなのは寄付・差入れが多いから。
毎日マンゴーが出たり、2日連続でチキンだったり、私より豊かな食生活かもね。
お腹だけでなく、心も満たされて欲しいけれど?
たとえ家族に捨てられて終える人生であったり、又路上で寂しく暮らす人生であっても。
ボランテイアが激減する夏場も、私と患者さんとの日々は変わらない。




オンライン注文できるドミノ・ピザ インドのサイト
http://www.dominos.co.in/index.jsp

食の欧米化はリッチ層で当たり前?
“ひじきの煮物などの惣菜は食べないが、
 マックやフライドチキンのファーストフードなら大好き”
こんな日本の若者の食傾向はインドも同じ。
ただし、まだまだ高いから、リッチ層に限られる。
マクドやKFC、そしてピザハットがコルカタでも店舗数を増やしているのは知っていたが、
いつのまにやら宅配ピザのドミノピザも15店あるという。
玄関ドアのノブに挟んであったチラシを見ると、サイズやトッピング、
サイドオーダーを選ぶ仕組みは本家アメリカや各国と同じだろう。
インドらしいのは、ベジ向け・ノンベジ向けのメニューがあることと、サービス内容である。
あらゆる商品セールで頻繁にやっている "By 1 Get 1 Free" 、
つまりピザ一枚注文すると同サイズがもう一枚タダになる特典、
そして配達が30分以上かかると半額どころかタダになるというもの。
ノンベジMサイズ価格が一番高いので290Rs.(580円)だから、
日本の1/3というところか。それでも露店の定食15Rs.の約20倍だから、
貧困層には全く縁のない代物である。
そういえば、大ショッピングモールの地下で、その場で焼いているベーカリーが遂に登場。
食パン類も市販のものに比べれば4倍以上するので、私は香ばしい匂いだけ味わっている。

マックバーガーもピザもあまり興味ない私の今お気に入りスナックは、パプリチャート。
具だくさんのインド版ファーストフードである。
レインボー・ホームの子供達と散歩した折に初めてトライしてから少しハマっている。
ただし、屋台の味(15Rs.)を試してからは、
キランママに教わっての自己流パプリチャートである。

・パプリとは小麦粉を練ってポテトチップ風に揚げたもの
・ゆでてスライスしたジャガイモ
・みじん切りした玉ねぎ、トマト、レモン
・ゆでたひよこ豆
・小さく切ったココナツ(ココナツミルクでもOK)
・チキンラーメンスナツク風の揚げ菓子
・無糖ヨーグルト
・チリ入りケチャップ
・タマリンドの甘いチャツネ(市販のもの)
これらを好きに混ぜてコリアンダーの葉をトッヒングすれば出来上がり。

屋台の油っぽい焼きそばよりよっぽど栄養豊か。
ゆでジャガイモやひよこ豆などを常に冷蔵庫に入れておけば、
野菜を切るだけでお手軽ランチが楽しめるという次第。
リッチ層の楽しむファーストフードとは私も無縁である。


屋台のパプリチャート

Sumiko風パプリチャートの具材(ひよこ豆を盛り忘れてます)


▲このページのTOPへ