台湾駐在記

最上 繁

第22回 下町、山の手ぶらり散策



台北市街は新しいビルの地区は別として、屋外看板が氾濫しています。

表通りに面したビルの壁面や正面は看板だらけです。

取り付けが頑丈といえないので、台風や強風のときは注意しないと危険です。

そのためか台風のときは外出禁止になります。

会社も学校も休みになり、その基準は銀行が休むかどうからしいです。

交差点に面しているビルの壁面には、テナント以外の看板もあるため、

ちょっと紛らわしいです。日本企業の名前も目立ちます。

電化製品は優秀と言われていますが、その実体はメイドイン台湾、周知の事実です。



看板写真 看板写真 看板写真 看板写真 看板写真 看板写真




台北市街はバイクがファミリーカーです。

大人と子供の4人乗車が一般的です。市の中心部では自転車はあまり見かけません。

町中は車とバイクがいっぱいで、歩道の一方はバイクの駐車だらけ、

もう片方の歩道は段差だらけで、自転車の通るところが無いというのが現状といえます。

中心部を少し離れると、サイクリングロードが完備していることもあり自転車を見かけます。



バイク写真 バイク写真




市街の雑踏を抜けて、北へ少し車を走らせたところに陽明山というところがあります。

中国文化大学の南側にあり、櫻や紅葉の季節が素晴らしい高級住宅街です。

温泉と台北の夜景が素敵なビュースポットとしても有名です。

「THE TOP」(屋頂上)というレストランが絶好の地にあります。

機会があれば是非一度行かれることをお薦めしますが、

旅行者にはちょっと解りづらい場所なので、

タクシーと通訳のできる誰かをキープすることが絶対条件です。

ホームページがお洒落なので覗いてみてください。

http://www.compei.com



屋頂上写真 屋頂上写真 屋頂上写真 屋頂上写真






ホームへ
*** バックナンバー ***
2005年 1月第1回「台北での『日本人イメージ』」
2月第2回「台北の正月」
3月第3回「台湾の旧正月」
4月第4回「時の流れに身をまかせ」
5月第5回「人の流れに身をまかせ」
6月第6回「台湾リピーターにおすすめの観光スポット」
7月第7回「台北市内の街並み」
8月第8回「台湾温泉レポート」
9月第9回「夏休み」
10月第10回「4Wの街・・・埔里(プーリー)」
11月第11回「台北ア・ラ・カ・ル・ト」
12月第12回「療養中」
2006年 1月第13回「台北病院体験記」
2月第14回「冬の台北に七夕飾りが舞う!」
3月第15回「九分プラス1は、十分」
4月第16回「台湾の不思議な世界へバス旅----Part2」
5月第17回「お引越し!」
6月 第18回「阿里山(アーリーサン)旅行」
7月 第19回「文化は波に乗って」
8月 第20回「台湾大学は市民廣場?」
9月 第21回「海のリゾート澎湖島(ポンフータン)」
10月 第22回「下町、山の手ぶらり散策」
11月 第23回「一年を通して海水浴が楽しめる、
     南国のビーチリゾート」
12月 第24回「台北のパフォーマンス」
2007年 1月第25回「台湾の古都、台南市」
2月第26回「住みやすい都市、台中市」
3月第27回「新幹線に乗りました?」

▲ページのTOPへ
Copyright (C) 2003-2006 HOTLINE Co.,Ltd. All right reserve.