台湾駐在記

最上 繁

第14回 台北病院体験記



冬の台北に七夕飾りが舞う!



台北の人たちの服装は季節感が判りにくいです。

多民族社会ということも理由の一つなのでしょう。

冬は、若い人達はTシャツにGパンの上にジャンバーを着用。

女性陣は、おへその上下10cm当たりは何もない、ヘソ出しルック・・・・

これが「お洒落」なのか?と思いますがこちらでも流行っています。

バイク姿で颯爽と街を駆け抜ける老若男女。さすがに今時は寒いので、

上はダウンやコートを着用していますが、下は裸足にサンダル。

台湾ではストッキングは売れないと思います。

冬でも素足に靴を履いている女性が多いようです。



生活にも季節感があまりなく、年中クーラーがついています。

計程車(タクシー)やMRT(地下鉄)に乗ると、夏は気持ちが良いのですが今は寒いです。

計程車は日本車も多いので、エアコン付きですからレバーを動かせば

暖房になるのですが、暖房を入れる習慣がないようです。

ドライバーはサンダル履きで完全防備の冬姿、なぜが冷たい風が吹く車内・・・

全く不思議です。

ホテルは、年中一定温度を保つ律儀さで、冬でも平均15度ぐらいに温度調節されています。

あまりに寒いので、チェックイン後の外出時にクーラーを切って出かけるのですが、

戻るとまた15度の世界。今年の年末商戦では、扇風機型の暖房器具が売れ筋とのこと。

そろそろ台北市民も冬の防備策を考えるようになったのでしょうか。



台湾は1月29日が旧正月で、今年は2月5日まで正月休みの企業が多いようです。

そんな正月気分いっぱいの台北に、東北・仙台の「七夕祭り」が突如出現。

台北のメインストリ?ト「忠孝東路」にある「太平洋SOGOデパート」での

イベントで、津軽三味線の音色もあって、仙台を知らない私は国内旅行気分で、

日本の祭りをしばし楽しみました。

この真冬に催された真夏の祭りを、台北の人たちはどのように感じているのでしょう。

「コートにサンダル感覚」で楽しんでくれたのでしょうか。



イベント風景
イベント風景

七夕祭り
七夕祭り

津軽三味線
津軽三味線




ホームへ
*** バックナンバー ***
2005年 1月第1回「台北での『日本人イメージ』」
2月第2回「台北の正月」
3月第3回「台湾の旧正月」
4月第4回「時の流れに身をまかせ」
5月第5回「人の流れに身をまかせ」
6月第6回「台湾リピーターにおすすめの観光スポット」
7月第7回「台北市内の街並み」
8月第8回「台湾温泉レポート」
9月第9回「夏休み」
10月第10回「4Wの街・・・埔里(プーリー)」
11月第11回「台北ア・ラ・カ・ル・ト」
12月第12回「療養中」
2006年 1月第13回「台北病院体験記」
2月第14回「冬の台北に七夕飾りが舞う!」
3月第15回「九分プラス1は、十分」
4月第16回「台湾の不思議な世界へバス旅----Part2」
5月第17回「お引越し!」
6月 第18回「阿里山(アーリーサン)旅行」
7月 第19回「文化は波に乗って」
8月 第20回「台湾大学は市民廣場?」
9月 第21回「海のリゾート澎湖島(ポンフータン)」
10月 第22回「下町、山の手ぶらり散策」
11月 第23回「一年を通して海水浴が楽しめる、
     南国のビーチリゾート」
12月 第24回「台北のパフォーマンス」
2007年 1月第25回「台湾の古都、台南市」
2月第26回「住みやすい都市、台中市」
3月第27回「新幹線に乗りました?」

▲ページのTOPへ
Copyright (C) 2003-2006 HOTLINE Co.,Ltd. All right reserve.