京都百景

岡崎明彦



初夏の勧修寺

山々が 新緑に彩られると 勧修寺の池にも睡蓮や

杜若が咲き始めます



平安時代 この「氷室の池」に張る氷で

その歳の五穀豊凶を占ったと言われる



落ち着いた庭の雰囲気に野鳥の巣も多く見られ、

エサをねだる雛たちの可愛い姿に 心が癒されます。


初夏の勧修寺
初夏の勧修寺
初夏の勧修寺
初夏の勧修寺
初夏の勧修寺

ホームへ
*** バックナンバー ***
2005年 1月「京都百景 Vol.1 ゆりかもめ」
2月「京都百景 Vol.2 鞍馬の冬」
3月「京都百景 Vol.3 桂離宮」
4月「京都百景 Vol.4 円山公園 枝垂れ桜」
5月「京都百景 Vol.5 伏見・十石舟のりば」
6月「京都百景 Vol.6 初夏の勧修寺」
7月「京都百景 Vol.7 京都駅前の黄昏」
8月「京都百景 Vol.8 真夏の夕暮れの鴨川」
9月「京都百景 Vol.9 夏のなごり 出町柳」
10月「京都百景 Vol.10 秋の訪れ 大原」
11月「京都百景 Vol.11 宇治 琴坂 東禅院の紅葉」
12月「京都百景 Vol.12 東寺の終い弘法」
ページのTOPに戻る