人と自然と建築と


-------二月・最終回ですが、つづきます/空気感


雪どけの音

年明けの寒の内、小寒水泉動のころに京都でも雪景色になった。
雪の白さは日差しに反射してきらきらしている。
しんしんとした雪音は、日が昇り、次第に雪どけの音に変わってくる。
マンスリーホットラインの endless thema は129編となった。
他にworks が二編と建築家シリーズが三編とで
「人と自然と建築と」は134回の連載になった。
校友会設計同人の小冊子「れんじ」から書き始め、
今回マンスリーホットラインでは最終回となったが、
いつもと変わらず、毎回と同じ書き方でmessageとしたい。



平等院鳳凰堂

京都宇治にある平等院の話はバックナンバー2014年12月号に鳳凰堂のこと、
そして2015年1月号でも少しふれ、
「 平等院には国宝の鳳凰堂の近くに
宝物館ミュージアム鳳翔館という建物が併設している。
鳳翔館は栗生明の設計で2001年の開館である。
生い茂る樹々で緑の多い境内であろうが、
異種の用途で異なるざわめきもあることだろう。
大半が地下にある建物で地階からのアプローチになり、
出口がグランドラインとなる。
まだ鳳翔館に訪れていないが古建築と洗練された
モダンな鳳翔館との狭間にはどんな空気が流れているのか。
そして鳳翔館に導かれたエントランスに立ったとき、
そこから見える風景からは何が見えるのだろうか。」
と、書いた。



鳳翔館南門側からのアプローチ

鳳翔館エントランス

その鳳凰堂と鳳翔館との空気感を見てみたく拝観することにした。
昨年の木立がまだ黄紅葉のころ、
車で国道 24号線をひたすら南下し、門前の駐車場に車を止めた。
南にある門前からは、あじろぎの道を北に行き北側の表門から境内を散策し、
池を回り鳳凰堂正面をとおるアプローチが望ましかったのだが、
そのまま南門から入ってしまった。
視線の先には鳳翔館の地上部、つまり出口側にあたる。
右手に鳳翔館を見ながら伏見桃山城からの
移築といわれるアカガシで出来ている旧南門を入り、
境内西側から鳳翔館の入り口にたどり着いた。

確かに阿字池を介して浮かぶ鳳凰堂の風景とは違う空気感。
今から始まろうとしている静かな期待感である。
鳳翔館の正面の壁には視線の位置ほどのところに
「鳳 翔 館」の文字が取り付けられている。
近づくにつれ視線は壁に添って自ずと細長い廊下に導かれる。
常設展示の空間には、平安の伸びやかで巧みに造られた、
雲に乗る雲中供養菩薩像や一対の鳳凰が間直で見られる。



鳳翔館レストスペース廻り

配慮されている府道側へのビュー

鳳翔館出口付近の長い大きな階段

出口側グランドラインとなるミュージアムショップ周辺には、
リファレンスコーナーの設置や
レストスペースなどの遊び心のある空間が設けられている。
大屋根の空間の下に設けられたレストスペースは
アウトドアだがインドアのようにも感じ、そのファジーさは居心地がいい。
南側門前の府道への視線など当然のことだが配慮されている。
アーバンな感じと日本的とも思えるこの現代建築の空間は
暫しのやすらぎを覚えるような時が流れている。
そして「建築物は裏表をつくらず。」のとおり、
入口出口表裏問わず、高低差を利用し巧みに計画されている。

レストスペース廻りの空気感も然ることながら、
古建築と現代建築の狭間の微妙な空気感はmajor 7 の和音のようだ。
三音+1音で表現されるこの不思議で美しい和音のように、
そして majorとminorが共存したゆれうごく音の狭間で
互いに呼び合うような透明感があるように思えた。



ハゼの黄紅葉

次回からは、ホットラインさんにお世話になりブログで、
不定期にはなるだろうが続けていくことにした。
テーマは同じ「人と自然と建築と」。(http://nonobe.hatenablog.jp)
窓辺に置いたハゼの葉がやっと黄紅葉し始めた。
毎年ならとっくに落葉しているのに自然は不可思議であるが、正直でもある。
ロン・カーターのアルバム「THE GOLDEN STRIKER」を聞きながら、
温かいアールグレイでも煎れてひといきといったところか。


 


▲このページのTOPへ