介護の現場から


急に肌寒い日々がやって来ました。
朝夕の冷え込みは本当に寒いので、皆さん風邪などひかれてないでしょうか。
新型インフルエンザも、巷ではかなり流行っているようで、
ご利用者や職員のご家族など身近なところにもやって来ています。
ご利用者へ移す媒体にならないよう、また、自分自身の身を守る為にも、
しっかりと手洗いとうがいを行って行きたいと思っています。

さて、先月もお話をさせて頂いたAさんについて、その後をもう少し。
「ショートステイや老人保健施設への入所は絶対嫌だ。」と、
自宅でのサービスしか受け入れてくれなかったのですが、最近心境の変化が見えはじめました。
奥さんが、病院の先生から手術を言われ、足の調子が悪くなって来られているのを、
ご本人自身が認めざるを得なくなってきたからです。
また、奥さんが手術の為に検査をしたところ、
内科的にも問題が判明し治療を受けなければならなくなったことから、
徐々に奥さんの体調を気遣われる様になられました。
あれ程嫌がっていた入所も、ご自身から
「妻が入院する間だけは、心配かけないように施設へ行くから頼むな。」と、
おっしゃる様になられました。
何事も、ご本人が納得できるまで、じっくり話すことは大切だなと思っています。


▲このページのTOPへ