地震や大雨と、自然災害が続いています。
地球温暖化をテーマにした取り組みが近年多くなってきていますが、私も日頃から、
考え取り組まないといけないなと思っているのですが。
エコ活動って、本当に地道な活動ですよね。

先日、とあるご婦人から、自分が汗みず垂らして働き貯めたお金を、
同居の娘さんに狙われている。というご相談をお受けしました。
実際に、ご本人がご入院中にキャッシュカードを預かり、入院費用以外にも
かなりの高額なお金を引き出し、別の用途に使われたようです。
しっかり物事の判断が行えているご本人は、役所へ自ら相談に行き出来る対策をたて、
銀行ではキャッシュカードの暗証番号を変更したそうです。
それでも、同居していると精神的に落ち着かなくなってしまったそうで、
介護老人保健施設への入所を病院の先生に相談され、施設へ入られたそうです。
今、キャッシュカードや通帳は手元になくても、引き出すことが出来ないのが
分かっているから安心しているが、いつまた暗証番号を教えてと言われるかが怖い。との事でした。
他人が周りにいると言われないが、自宅へ帰ると言われるので、これからどうしようかと。
テレビや新聞等で虐待問題が取り上げられる様になってからは、
アザをつくる様な暴力はあまり見られなくなったのですが、
金の無心等の経済的な虐待など一見表面化しにくいものがふえている様に感じます。
高齢者の些細な一言から判明することもあります。
どんな会話も、大切に耳を傾けたいものです。
▲このページのTOPへ