二月になってから、急に寒くなって来ましたが、皆さん体調は如何ですか?
私の回りでは、インフルエンザにかかったと言う方が何名かいらっしゃいます。
これから、春冷の季節です。私ももう暫く風邪に気を付けようと思っています。
さて、皆さんは、認知症の方を介護されているご家族の方々の会があることを、ご存知でしょうか。
最近は、新聞等だけではなく、テレビ番組の特集などでも、
当事者やご家族の方々が話をされる機会が増えてきたので、
どこかで見たり、聞いたりした事がお在りかも知れません。
私も、実際に参加したことはなく、参加された方から、話を聞いたことしかないのですが、
皆さん「感動をした」と口々に感想を言われます。
これだけ高齢化が進み、テレビや新聞で取り上げられていても、住んでいる地域では、
まだまだ十分な理解をもらえず、肩身を狭くしている方々が多い様です。
また、《介護=大変》と言う世間の言動、「頑張ってね」「大変ね」等が、
逆に介護者の重荷になって、傷つけてしまったりしている事があるのです。
その点、家族会では、自分の素直な気持ちを吐き出せるし、困っている事に対しても、
体験者の工夫や失敗談を聞く事が出来るのです。
生の声が、自分一人じゃないんだ。と勇気付けてくれるそうです。
介護保険が施行され、サービスは定着しつつありますが、
まだまだ一部に過ぎないんだと、自分達の微力な係わりを感じます。
介護保険の枠にとらわれず、地域で高齢者が安心して暮らせるシステム作りが、これからの課題です。
▲このページのTOPへ