オトコとオンナとおいしい話


6月にフェイスブックで、同級生から
3年間通った我が中学校が耐震検査に引っ掛かり
8月に建て替えするので、中学校見学&BBQ同窓会の連絡があった。
思い出がたっぷり詰まった中学時代。
もちろん、即答で参加の返信。

7月13日、朝からゲリラ豪雨。BBQは大丈夫か?
そんな心配ご無用で、中学校に向かう頃には晴天に。
50人近くの同級生にその子供達。
そして、どこからか聞きつけた先輩・後輩も数人集り
現校長の案内で、20数年ぶりに中学校に足を踏み入れた。

何とも言えない、湿気た土の匂い。
あっという間に、自分達が中学生に戻っていく。
ワタシの頭の中のBGMは、
当時流行った斉藤由紀さんの『卒業』。

入口のすぐ近くに やかん置き場。
当時、通称チャカオ(高雄さん)と言う用務員のおじさんがいて
毎日、昼食用のお茶や牛乳を準備してくれたなぁ。


ボロボロの職員室。中2の時、登校したら毎朝
担任のキンタ(金田先生)の所に行って、
冬はストーブのカチット、
他の時期にはプラスチックの物差しで
頭を叩かれるのが日課だったなぁ。


中3の頃、中庭で休憩時間によく友達とお喋りして
チャイムが鳴ったらダッシュで窓から教室に入ってたっけ。


当時は、校則がとても厳しかったので
正門で服装・髪型・持ち物チェックされるのが嫌で嫌で
わざわざ皆より1時間前に裏門の塀を登って
登校して教室で友達とパンを食べながら時間つぶししてたなぁ。


校長のご厚意で、教室に入らせてもらい当時と同じ
机と椅子に座らせてもらって皆で記念撮影と
楽しい懐かしい中学校見学となった。

その後のBBQは、同級生の実家の工場の敷地をお借りして
飲んで食べて喋って、皆ベロベロに酔って
楽しい楽しい同窓会となった。

同級生、最高!!

そんな楽しい中学生時代、中2の頃の仲の良かった
バツイチ男性と数か月前に彼のフェイスブック友達
第一号となりコメントをし合う内に、
ひょんな事から二人で会う約束をした。

最初、約束していた日は彼の急な中国出張で流れ、
その中学校見学の前日にワタシが実家に帰る話をしたら
その日に会う事となった。

地元の駅まで迎えに来てくれて、一緒に食事してからのドライブ。
二人とも おじさん・おばさんになったし、お互い訳あり物件。
思い出話や現状報告で話が弾み、
また会う約束をして実家まで送ってもらった。
見た目は怖いが、レディーファースト。
中身は、当時と変わらない。ドが付く自分の気持ちにストレート。
中学生以降、一度も会っていなかったのに ずっと知っている感覚。

後日、また再会し彼からの突然の求婚宣言!!
ワタシの直感が久々に働いた。
『この人とだったらやっていける』
別れて暮らしているけど、子供が3人いるし
色々、まだ解決出来ていない問題も残っている話も
全て洗いざらい聞いた。
でも、不思議な位 驚く事なく何とかなると思った。
一人より二人の方がパワーアップするし。

うちの両親に まずは電話で報告し、近々 挨拶に行く事になった。
両親も喜んでくれてホッ。
来月から、同居して節約して落ち着いたら入籍する運びとなった。

これからは二人で40代は『苦労』じゃなく『努力』して、
いずれ努力が報われる様、頑張って行く覚悟も出来た。

そんな事で、突然ですが『男と女のおいしい話』卒業します!!
長年に渡り、ワタシの些細な出来事を掲載させて頂き
ありがとうございました。感謝。




▲このページのTOPへ