オトコとオンナとおいしい話


5月下旬、妹の個展でお知り合いなった ダイチさん。
鉄工所を経営しながら、鉄を使って家具やオブジェを作る作家さん。
数か月に一度、『まくお会』という工場での飲み会にお誘いを受け
初参加する事に。

14時〜スタートだったけど、ワタシは仕事の為 18時頃からの途中参加。
人見知りゆえ、恐る恐る工場を覗くと、
主催者のダイチさん、そして優しい素敵な絵を描かれる作家さん
カガワさんが笑顔で迎えてくださり、ホッ。
ダイチさん作成のベンチに座らせてもらい、まずはビール。

他数人の作家さん達は昔懐かし、小学生の時に流行ったプラ板作りに夢中!
イラストを描きトースターで焼いた後 『デジン』という液体を塗り
赤外線の出る機械の中に入れてしばらくするとプックリ膨らむ。
プラ板のすごい進化に驚き!


ワタシは、絵を見るのは大好きだけど絵心ナシ!
なので、カガワさん特製の土鍋で炊いたタコ飯に
揚げたての串天ぷらに舌鼓しながら
皆さんが、どんどん作り上げる素敵な作品を見て感動の嵐!
キーホルダー・ブローチ・ネックレスにしたりとホントすごい!
思わず「売れますよ」コールしちゃった位。

お腹がいっぱいになった頃、今度はご近所の工場の方も
来られて 天ぷら作りのお手伝い。
普段、自宅では揚げ物なんてほとんどしないのに
何かすごく楽しいッ♪ アレンジして、ポテトチップスを砕いた物を
衣に付けてみたり かき揚げ作ってみたり。
ワタシは、天ぷら作りに夢中となる。
「美味しいっ!」と声をかけてもらい、嬉し楽しッ♪

いい時間になったので、片づけしてお先に失礼させてもらった。
絵心あるヒトっていいな〜。見てるだけでも本当に楽しかった。

・  ・  ・  ・  ・  ・


今月は、初挑戦した『ちりめん山椒』のレシピをご紹介。
昨年のこの時期に新聞に載っていたレシピ。
作ろうかな〜て思い、写真に撮ったものの作らずに一年が経っていた。
そんなある日、スーパーで山椒の実を見つけ、よっしゃ今年こそ!
と重い腰を上げた。

【一日目】
まずは房取りから。
以外に外れにくく、1時間半ほどかけてようやく終了。
数回水洗いし、一日水に漬けてあく抜き。

【二日目】
翌朝、目を覚ますと、素手で房取りをしたからか、
アレルギー体質なので、あくが体にまわった様で、
顎あたりにいっぱい湿疹が…ヒィィィ
痛痒くて仕方がない。
そんな状態で出勤し、仕事終了後は一目散に家に帰り
山椒の塩煮作りスタート。

(1) 水1500ccにお塩小さじ1を入れ、沸騰したら山椒を4分ゆがく。
ざるにあげて、水を数回かえて洗う。
(2) 水1500ccにお酒150cc・お塩45gを入れ、沸騰したら山椒を入れ15分煮る。
そして、そのまま塩水に漬けたまま冷ます。



【三日目】
ようやく『ちりめん山椒作り』
薄味が好きなので、色んなレシピを独自にアレンジ。

ちりめんじゃこ500g
山椒の塩煮100g
お酒250cc
だし醤油120cc(減塩タイプを使用)
みりん90cc

(1) 沸騰したたっぷりのお湯でちりめんじゃこを
さっと湯通しし、塩抜きし ざるに上げる。
(2) 大きいお鍋に調味料を入れ、沸々したところに
ちりめんじゃこを入れ 水気が無くなるまで炒り煮にする。
(3) (2)の水気が無くなり、火を止める直前に山椒の塩煮を入れる。


肌荒れしながら、三日かけてようやく完成!
苦労した甲斐あって、美味しく出来た♪
ご飯3杯はいけるかな(笑)
山椒の水煮もちりめん山椒も冷凍可なので、
小分けにして冷凍ストック。
山椒の水煮は、煮魚を作る時にも使えるので重宝しそう。

来年、もし作るとしたらゴム手袋して房取りしよう。




▲このページのTOPへ