オトコとオンナとおいしい話


骨粗しょう症で、すぐに何度も骨折を繰り返している父方の祖母。
かれこれ7年以上、病院で生活していた。
何度も両親が同居を薦めたが、病院で一生過ごすの一点張りだった。
でも、数か月前に祖母の親友から
「ボケてきてるのちゃう?」と言われて猛激怒!!
「自宅に帰って一人で暮らす!!」と言い出したそう。
そこで再度、両親が同居の話をすると、すんなりOK。
一時外泊してお盆前に一週間、実家で生活。
そして、祖母の家をキレイに引き払い、実家をバリアフリー工事。
ようやく、同居スタート。
9月15日、16日に88歳を迎える祖母の米寿のお祝いと
実家のリフォームお披露目を兼ねて、親戚・孫が実家に集結。
実家の前まで、料亭のマイクロバスがお迎えに来てくれて
お祝いのお食事会をした。

とにかく、勝気で嫁いびりが凄かった祖母。
ワタシは、初孫とあって猫可愛がりされてきたが
大人になるにつれ、母に対する態度に腹を立て、
どんどん祖母に会うのが嫌になった。
ある時、「孫可愛がるより犬ネコ可愛がれ言うからな〜」と言われ
更に会うのが嫌になり、お見舞に行く回数が減った。

だから、正直言って祖母が実家に住む事によって
実家に帰る回数が減るかも…。
帰りたくないと思っていた。

でも、今回帰ってみてビックリ!!
今まで見た事が無い、穏やかで優しい顔をした祖母。
ホッとした。
同居を薦めたのも、お祝いの会も母が企画した事を分かってか、
母へ感謝の気持ちでいっぱいの様子。
頭が上がらなくなった様だ。



お祝いの会では、みんなから服と花束のプレゼント。
一人、所用で参加できなかった従弟からはケーキのプレゼント。
可愛い笑顔で「みなさん、ありがとうございます。」
本当に嬉しかった。
今回の同居に関して、きっと今は亡き祖父が
仕向けてくれたんだろうと母に話をした。
両親・亡き祖父に感謝。
そして、きっかけを作ってくださった祖母の親友に感謝。

そんな祖母の親友からは『祝 はっちゃん』とプリントされた
オリジナルビスコのプレゼント。お茶目。

はっちゃん、次は99歳のお祝いが出来る様、元気でいてね(^o^)


(写真は、はっちゃん&孫+孫嫁の爆笑ショット)








▲このページのTOPへ