オトコとオンナとおいしい話



ますます、健康オタク度が増していくワタシ。
巷でブームの『ごぼう茶』を早速作ってみた。
閉店ギリギリのスーパーに駆け込み、ごぼうを5本購入。
買ってから無謀かもと思ったけど、後の祭り。
たわしで、綺麗に土を落としてから ささがきスタート。
2本目までは、丁寧にやってたけど
残りは雑になってしまったが約2時間かけて、ようやく終了。
水にはさらさず、そのまま干し野菜用のネットに入れてベランダで干して
おやすみなさい。

翌朝起きると、残念ながら雨。仕方なく家で干しておいた。
夜には、お天気も回復したので またベランダで干して
おやすみなさい。

やはり、湿気が多かったので ちゃんと乾ききらない。
なので、必殺技の蓋をせずレンジにかけて水分を飛ばした。

そして、4回に分けてフライパンで深めに焙煎。
二日かけて、やっと出来上がり。
多分、1ヶ月半位 飲める量は出来たと思う。

急須に入れて飲んでもいいそうだけど、
ワタシはさらに成分が摘出できるという
沸騰したお湯で3分煮出す事にした。

深めに焙煎したので香ばしく、
ごぼう独特の臭いも控えめになって飲みやすい。

体に良いし、何よりもアンチエイジング効果があるというので
しばらく続けてみようと思う。

めざせっ『美魔女』!!



今月は、ひつまぶしの老舗『あつた蓬莱軒』をご紹介。

名古屋へ遊びに行く事になり、絶対に昼食は老舗の本店で ひつまぶしと決めていた。
そこで、下調べし こちらのお店がヒット。

12時過ぎに行くと…。 行列ができている。
普段は、10分以上待つなら他のお店に行くけど
はるばる名古屋まで来たのだから 人生初、待つことにした。

名前を伝えると親切な事に「13時半にお戻りください」と
その場で待たなくても、その時間に戻ればよいので
ブラブラしようと思ったけど、残念ながら周りに何もない。
なので、じっとしてると空腹と寒さで耐えれなくなりそうだったので
近所の住宅街をブラブラお散歩。
やっと時間がきたと思ったら、10分遅れてるそうで
13時40分に ようやく店内へ。
店内に入って、また少し待って やっと席に案内された。

中庭が見える風情あるお座敷。
だけど、とてつもない空腹で雰囲気を味わう余裕など無し。

注文して、念願のひつまぶしと出逢えたのは、14時近く。
待ってましたよ〜、ずっとアナタを。


年季の入った木の器の蓋を開けると、鰻がギッシリ。
さぁ、いただきます。

最初の一杯は、そのままで。
大きく一口ほうばった。
あぁ、美味しい。冷えてこわばった体がみるみる解れていく。
鰻はもちろん タレがしみ込んだご飯が絶品。
本当に待った甲斐があったと実感。

二杯目は、薬味(お葱・刻み海苔・わさび)と共に。

三杯目は、薬味をのせた上にお出しをかけて。

二・三杯目も美味しいけど、そのままが一番 美味しい。
なので、残りはそのままで。

お隣の家族連れの女性は、半分でお腹イッパイとご主人と息子さんに
残りを食べてもらっていたけど ワタシは一粒残さず頂いた。

本当に涙が出そうな位、最後の最後まで美味しかった。
これぞ『口福』なひと時だった。


『あつた蓬莱軒本店』
名古屋市熱田区神戸町503
TEL:052-671-8686



▲このページのTOPへ