オトコとオンナとおいしい話


ワタシは植物を育てるのが大の苦手。

小学校の頃は、朝顔。中学校の頃は、菊。
学校の課題だったので、なんとか育てあげたが
高校生の頃、お付合いしていた人に誕生日プレゼントにもらった
すごい凝ったポットに入ったポトス。
正直、困ったプレゼントだった。
でも頑張って育てなきゃと思い、毎日たっぷりお水をあげたら
根腐れ…。半泣きになりながら、お花屋さんに
駆け込んで同じ様な物を購入した。
その時は、バレずに済んだ。
今度は、あんまりお水をあげないでいると枯れた…。
もう育てるのは無理。
枯れた事を正直に話して、そのポットは小物入れと化した。

一人暮らしを始めてから、何かグリーンが欲しいと
ミリオンバンブーだったら お水に入れておくだけで簡単と購入。
週一間隔で、お水を入れ替えていたにも関わらず
約半年後、なぜか葉が黄色く変色して枯れた…。
実家から株分けしてもらったアロエも
冬もベランダに出しっぱなしで、
ちょこちょこお水をやっていたら枯れた…。
あきらめて、しばらくグリーンの無い生活になった。

そして一年半ほど前に、運命の出逢い。
実家に帰った時に、お墓参りに行く前に寄るお花屋さんで
サンスベリアを見て あんまりお水をやらなくていいと聞き
これなら育てられるかもと思い購入。

プラスチックのポットに入っているのが、どうにも気に入らず
ホームセンターでサンスベリア専用の土とテラコッタのポットを
購入し、植え替えた。
時季が良かったのか、成功。
元気に成長。何だか、苦しそうだったので
春に一回り大きいポットにまた植え替えた。
今回は、空気清浄器代わりに使用している竹炭が余っていたので
土に混ぜて植え替えしてみた。

すると… 今夏、子供が誕生。嬉しかった。
朝、土からちょっと頭が出ている位だったのに
夜、帰宅して見ると1cm近く伸びている。
竹の子の様にニョキニョキと。

もう可愛くって可愛くって、毎日「行ってきます」「ただいま」って
声をかけるのが日課になった。
すると、さらに子供が増え 現在5つ目誕生。
嬉しい限り。
だ・け・ど、それに比例して「行ってらっしゃい」「お帰り」と
言い合える人を早く探さないとと言う気持ちも膨らむばかり。

焦りのアラフォー女子…。


今月は、お気に入りの中国茶と急須をご紹介。

毎回、旅行に行く度に買う中国茶。
中国では、凍頂烏龍茶。香港では、ジャスミン茶。
台湾では、プーアル茶。ワタシの定番の買い方。

7月に台湾に行った際、
ツアーに付き物の茶芸館で試飲した15年物のプーアル茶。
これが、カビ臭も少なく美味しい。
久々に美味しいお茶に出会った。
円高と言う事もあり、1枚100g それが7枚で9000円。
普通のお店で買ったら、もっと安いのは分かっているが、
そんな時間も取れそうになさそうだったので飛びついた。

そして、街ブラをしていた時に出会った急須。
一回で400cc。大きめの物を探していたのでまた飛びついた。

毎夜、親指位の量の茶葉を入れた急須に熱湯を半分位入れて
茶葉をほぐす+洗浄して一度お湯を捨てる。
次は、たっぷりのお湯を入れて少し蒸らしてから
ガラスのポットに摘出。3煎取る。
摘出したてをその夜に一杯頂き、翌朝にコーヒー代わりに一杯。
そしてマイボトルにたっぷり会社に持って行く。
美味しく、そして経済的。

急須は、以前にテレビで茶葉によって使い分けるのが重要。
そして軽くすすぐ程度で、急須を育てると更に美味しくなると
言っていた。
普段は、茶渋がつくのが嫌でキュッキュとしっかり洗っていたが
この急須は、使い方を守り すすぐ程度にしている。
成熟するまで、まだまだ時間はかかる。
何だか、子供を育てている様で楽しみだ。



▲このページのTOPへ