オトコとオンナとおいしい話




3月吉日、後輩いくよチャンの結婚式に出席した。
アパレル販売での3年間。素直で気配りの出来る彼女が支えてくれから、
店長・そしてバイヤー業をこなす事が出来た。
だから、嬉しくて嬉しくて。

いくよチャンは、身長170センチ以上あってスレンダー。
ウエディングドレス姿は、本当にキレイで一目見るなり涙がこぼれた。
花嫁の母の気分…。

ご主人も優しそうな方で、二人とも全身から幸せオーラが出ていて
出席者みんなをそのオーラで包み込んでくれた。

彼女のお父さんは、彼女が24歳の時に亡くなられているので
キレイな花嫁姿を見せたかっただろう。

ご主人に、「ホントにこの子いい子やから、大切にしてあげてね。
宜しくお願いします。」と言うと
「十分、存じております。任せておいてください。」
さすがっ!!

今回で、3年連続3月に後輩の結婚式に出席したことになる。
来年こそ、自分自身がお嫁に行かないとなぁ…。と
夢見るワタシ…。




今月のお勧めは、ワタシの朝食時の救世主2品。
とにかく、ワタシの朝は慌ただしい。

起床してすぐ、前日に用意しておいたお弁当のおかずを
レンジで温めながらお湯を沸かす。
水筒2本にお茶とコーヒーを淹れ、お弁当を詰める。
それをしながらの朝食を頂く。『ながら朝食』だ。
『ながら』だけど、きちんと栄養を取りたい。

1品目の救世主はヤクルトの朝のフルーツ青汁。
シェーカーでシャカシャカして飲む。
癖が無くて飲みやすいので、1年以上続いている。

2品目は、JAサロマから販売されている
かぼちゃパウダーで作ったかぼちゃスープ。
一袋100グラム。それで、かぼちゃ1キロ分になるそう。
これを400ミリリットルの豆乳とコンソメ・そして1リットルの牛乳で
沸騰させずに煮込んでスープにし、
ボトルに入れて冷蔵庫にストックしている。
それを毎朝レンジで温め、パンや頂き物のスイーツと共に頂く。

この2品のおかげで、朝から元気に駅まで約3分走れる。
後、10分早く起きればいいのに…。と思いつつ
こんな毎日が続く…。



▲このページのTOPへ