オトコとオンナとおいしい話


LEE'S BACKNUMBER
間もなく30代最後の年となるワタシに小さな恋人が出来た。
幼馴染みのユキちゃんの愛息子のミキト君 4歳。

先日、実家近くにあるユキちゃん宅で夕食をご馳走になる事になり
スイーツを手土産に伺った。

リビングに入ると、ミキト君が子供用椅子にチョコンと座り コタツに入っていた。

「ミキト君、久しぶりやねぇ。 大きくなって。お行儀いいねぇ。」と普通に小さな
子供に話しかける感じで声をかけた。
すると…。
「ちゃうちゃう。ミキト、そんなんいらんねん。」
思わず目がテンになると、ユキちゃんがフォローしてくれた。
「この子、子供扱いされるの嫌みたいやねん。おかしいやろ。」
なかなか面白い。ミキト君に興味深々。

リビングの角にある愛犬トイプードルのノエル君の部屋の屋根には
ぬいぐるみがイッパイ。
ただし、可愛い物ではなく 怪しい物ばかり。
ヘビ・イカ・サメ、そしてアンモナイト…。
「これって、ミキト君の?」
「そうやで、これ全〜部 ミキトのやで。すごいやろう。
説明したるわ。」自慢げにヘビの種類など色々レクチャーしてくれる。
面白過ぎる。

ご主人は、まだ帰ってなかったので 3人でお鍋をたっぷり頂いた。
食後、おば様二人はティータイムといきたい所だったが
「ミキトの部屋、最近出来てん。一緒に2階いこ。」とミキト君に
腕を引っ張られ お腹いっぱいの重い体で2階へ。

八畳ほどの立派なミキト君のお城には またまた
面白い物がイッパイ。
初めて見る レゴのワニ・サメ・恐竜。
そして、 ミキト君がおもちゃ箱を持ってきて
「見て欲しい物があるから、いまからこれ ぶっちゃかすな。」
ぶ・ぶっちゃかす??
ユキちゃんは、ずっと実家の仕事を手伝っているので
仕事中は、おばちゃん(母)に面倒を見てもらっているので
おばちゃんの中河内弁をそのままコピー。

ぶっちゃかされたおもちゃ箱からは とてつもない数の
ガチャガチャのトカゲに仮面ライダーの何かを入れるケース。
「何これ〜。リアルすぎて気持ち悪い。」
「これは、○○って種類のトカゲや。」と、またまたレクチャーしてくれる。
後片づけが大変なので、ぶっちゃかした物をレクチャーされながら
こっそり片づけていると…。
「ちゃうちゃう。これは、こうやって片すねんっ。」とお叱りを受けた。
「すみませ〜ん。」 ミキト君こだわりの片づけ方法でしまった。
次は、「パパ・ママ・ミキトの寝間も見せたるわ。」
寝間?? 久々に聞く言葉。 もう、面白すぎてお腹が痛い。

また、リビングに戻り 今度は仮面ライダーベルトにつける
モジュールと言う物のレクチャーを受けていると
ご主人がご帰宅。
すると、ミキト君「何で帰ってきたんっ。今、説明してた大事なとこやのに。」
もう、ご主人もタジタジ。

ご主人も昔からの知り合いなので、話をしていると
何とミキト君、サンタを全く信じてないらしい。
「えぇぇっ、4歳で?」
「家はセコムしてるから入ってこられへん。」らしい。
ちょうど、テレビで福くんが サンタに仮面ライダーベルトをもらったと
話していたので
ご主人と二人で「福くん、サンタにプレゼントもらったって言ってんで。」と話すと

また、「セコムしてんのに、入られへん。」

ご主人が「その日だけは、家にも夜中 煙突が出来てそこから入ってくんねん。」

「サンタは、煙突から落ちてくるんか?」

「そうやで。サンタ来てくれるんやで。」

「そんなん、嘘や。プレゼントはじいちゃんとパパがくれるんや。サンタいらん。」

そんな話をして盛り上がりアッと言う間に時間がたち
そろそろお暇することに。

「また、遊びに来てな。」
「うん、また来るね。」

翌日、ミキト君からメールが。「ヴァビヶ」宇宙語でわからない。
「また あそぼね。」と返信。

そして、バレンタインにチョコを贈ると
「チョコ、ありがとう。また、あそぼね。」と
可愛いメールが。
ユキちゃんからもメールがあり
「ありがとう。ミキト、めっちゃ照れてたわぁ。」

もう、可愛くって可愛くって仕方がない 小さな恋人。

今月は、お勧めのラーメン店をご紹介。
「揚子江ラーメン名門・高殿(たかどの)店」

怪しく面白いお店と美味しいお店に鼻が利く妹の浜海老が
自宅近くで発見したお店で、早番上がりの時に
早速、浜海老の案内の元行ってみた。

こじんまりした清潔感あるお店。
ラーメンと炒飯のCセットを注文してみた。

スープは鶏ガラ豚骨清湯に塩ダレ。
麺は、ストレートの細麺。
具材は、小口ネギ、細もやし、菊菜。叉焼。
スープは、優しくホッとする味わい。麺は、ツルンとして喉ごしが良い。
これまた 叉焼が、美味い。
噛めば噛むほど、ギュッギュッと旨味が出てくる。
炒飯も脂っこくなくて、パラッとしていて美味しい。

他のお客様がAセットのラーメン・豚バラ煮込み・ライスを
頼んでいて、次回来店の際は、Aセットを頼もうと決めた。

そして、自宅から自転車で走ること30分。
お腹を空かせて、ランチタイムに Aセット ご飯少な目で注文。

待ってました 豚バラ煮込み。
脂身の苦手なワタシは、プルンとした所を取って頂く事に。
口の中でトロットロにとろける柔らかさ。
ご飯が進む。
ラーメンがあっさりなので、ペロリと完食。

ラーメン・餃子・ご飯のBセットもあるので
次回はこれを注文しようっと。

チェーン店らしいが、ここのお店が立地的な物なのか
他店より低価格らしい。

でも、何より店長さんと言ってもお一人で営業されているのだが
とっても気持ちの良い接客で良い。

大阪市旭区高殿6-15-16
TEL 06-6957-5060
営業時間 AM 11:00〜23:00 (日祝〜21:00)   定休日 無休

お勧めのラーメン店 揚子江ラーメン名門・高殿(たかどの)店 お勧めのラーメン店 揚子江ラーメン名門・高殿(たかどの)店



▲このページのTOPへ