オトコとオンナとオイシイ話


『はたけのにく』

昨年末に実家へ帰った時の事。
普段から、笑顔(笑い?)の多い家庭だけど
いつも以上に両親のテンションが高い。
普段、車のガラスが汚れていても気にしない父なのに
少し汚れただけで拭き掃除する。 怪しい…。
「いったい何があるの?」と問うと、
10年前に一度 離婚経験のある弟が再婚するらしく、
お年始に彼女を連れて挨拶に来ると言う。 納得。
二人共、税理士を目指し勉強をしながら会計事務所でお勤め。
試験に合格したら結婚しようかと話をしていたそう。
昨年、数年越しで最後の一科目が合格したのにも関わらず、
まだのんびりしているので うちの家族で一番の発言力を持つ
妹の『浜海老』が発破をかけて結婚が決まった。
ワタシと同じ年(学年は一つ下)の彼女と聞いて、
ワタシもテンションが上がった。
だけど、税理士を目指すとだけあって どんなお堅い子が来るのかと
母と浜海老ちゃんとワタシは、嬉しい反面 心配…。
当日は、朝から4人でコタツに入りながらソワソワしていると
弟には、もったいない位の綺麗な子が…。
思わず「うっそ〜!!」と叫びそうになった。
父は今まで見たことのない笑顔をしながら「どうぞ、どうぞ。」と
彼女をエスコートし、
母は嬉しすぎて「アハハッ、アハハッ 母です。」とおかしな笑いをする始末。
思わず、浜海老と「二人でしっかりしななぁ」と話をして
きっちりと姉と妹の挨拶をし、食事の支度に取り掛かった。
食事中も両親は、完全におかしな状態。
ワタシと浜海老は笑いをこらえるのに必死!!
そんな家族に自然に馴染んでくれた、彼女に感謝。
二人が帰る間際に思わず、弟にこっそり「絶対、逃したらあかんよ。」
と一言。
二人が帰った後、父は「金のわらじが来た〜」と
織田祐二のように雄叫びをあげ、
母はずっと「アハハッ、アハハッ」状態。
ワタシは、いい子で良かったぁとホッと一安心。
浜海老は「ワタシのおかげやで〜」と両親にお礼を求めている。
さすが、浜海老!! 貴女は強し!!

そんな妹『浜海老』は趣味でイラストを書いたり、
アートクレイを作っている。
中でも、なぜか大豆が好きで好きで『はたけのにく』という題名で長年、
イラストを書いている。
今まで、友達や知人にだけしかお披露目していない物なので
せっかくなら大勢の方に見て頂けたらと思い、
この場をお借りして毎月掲載させて頂きます。
オイシイ話ならぬオマメの話、どうぞよろしくお願いします。


浜海老からのメッセージ

どうも初めまして。浜海老です
『はたけのにく』に凝っています

私のつまらない妄想と
豆達が繰り広げる珍劇に
お付き合い下さい

豆身大の世界を覗いてみれば
世の中はバカバカしく
そして愛おしい…

さぁっ居直りませう!
人生はケセラセラ



『密封豆袋』

♪ダダダ ダン ダダ ダダダダ
ダン ダダ ダダダダ
ダン ダダ ダダダダ…♪
のテーマソングでお馴染み

派手で危険なパフォーマンスで
一世を風靡した「電撃ネットワーク」

南部虎弾さんはきっと、ふ〇っこの煮豆パックに
とても魅力を感じて、あの荒業を生み出したのではないか…
と私は思ったんですわ

パフォーマンス名を挙げることは敢えて差し控えますよ
新年早々、演技でもない…

気になる人はウキペディアでお調べになって下さい



▲このページのTOPへ