先日、法事で早朝から 久々に母の故郷 兵庫県 西脇市に行った時の事。
母と大阪駅で待ち合せをしていたら、カメラを持った人だかりが…。
そう、当日は寝台特急『銀河』最後の日だったのだ。
鉄道マニアの「鉄男サン」「鉄子サン」達が、まだかまだかと『銀河』を待ちわびている。
早起きして、趣味の世界に没頭出来るなんてと
羨ましく思いながら、母と落ち合い西脇に向かった。

加古川駅で、数年前にやっとディーゼルから電化になったが、
今だ一時間に一本しか走らない加古川線に乗り換える。
ホームで待つ事20分。格好いいモノトーンの電車が目に飛込んできた。
なんと なんと、大好きな横尾忠則サンの『Y時路』のデザインの電車だったのだ。
感動で身震いし全身に鳥肌が立った。続いて胸がキュンとなる。
思わず、携帯電話のカメラでカシャッ!何だか「鉄子サン」になった気分♪
後で、数時間に一本しか走らないレアな電車だと叔母から聞き、感動倍増!
この感覚、そうそう 本当に本当に大好きなヒトに出会った時と同じ感覚なのだ。

でも、一つ違う所がある。そのヒトの事を大好きになった時には、
胸がキュンが その時はギュンギュン痛んだ。
二度と、ここまで胸が痛むヒトとは出会えないだろう。
そんな大好きな大好きなヒトと出会えたワタシの人生、苦難があっても
それを乗り越えれるパワーを頂いている事に感謝する。


今月のお勧めのお店は、引き続き 西脇にある『住吉屋』をご紹介。
母達が子供の頃からある、小さな小さな 和菓子屋さん。
その当時のままの佇まいだそうで、和菓子大好きなワタシも
祖父母の家に遊びに行った際は 必ず立ち寄ったお店だ。
久々に伺うと、この時期のお勧め『さくら餅』と『草もち』が。
『 さくら餅』は、桜の花びらで着色された道明寺粉に自家製餡 そして塩漬けの桜の葉。
甘さ控えめで、さくらの香りをふんだんに楽しめる 季節感たっぷりの品。
そして『草もち』は、そこの奥様が自分の生まれ故郷の
八千代の山で摘み取った蓬をたっぷり使った青い爽やかな香りのする品。
本当に素朴で、やさしいお味で 口に運ぶと心がポッと温まる。

そして、何といっても ここの『三色団子(お花見団子)』は はずせない。
三色といっても ほとんど色づけされていないので 一色団子と言ってもいい位の串団子。
これが、どこの老舗の和菓子屋さんの物にも負けない
やさしい やさしい 「はんなり」と言う言葉がぴったりと当てはまるお味。

そして そして、こちらの包装紙は 何と横尾さんが高校生の時にデザインされた物を
50年以上 変わらず使用されている。
なので、今回 思い切って「包装紙を一枚いただけませんか」と奥様にお願いした。
すると、「どうぞ どうぞ」と折れない様 丁寧に きれいに丸めて
輪ゴムをした物を譲ってくださった。
温かいお心遣いに感謝。 「ありがとうございます。額に入れて飾ります。」
西脇駅から徒歩で約20分はかかるが、横尾さん号に乗って ぜひ足を運んで頂きたい
ワタシの中で文化遺産と呼べる大好きな大切なお店だ。


〒677-0015 西脇市西脇794−4
TEL 0795-22-3198

▲このページのTOPへ