ワタシがこの世に誕生する約2年半前の年に開催された
EXPO‘70 大阪万博に 幼少時代から、恋焦がれている。
弟と喧嘩をした時に、母から
「そんな事をしてたら、『太陽の塔』に放りこむよ」と言われた事があった。
弟は怖がって 母に泣いて謝り、ワタシは「入りたーい!」と言って困らせた思い出がある。
『太陽の塔』の中に入れるなんて夢の夢。
ワタシの中では『チャーリーのチョコレート工場』並みに 魅力的な場所だ。
4年ほど前には、堀江で偶然見つけた 大阪万博の迎賓館で使用されていた一人掛ソファ
(通称:万博チェア)を見つけ、即購入。
ソファの裏側に貼られた 大阪万博博覧会の シールをたまに見て、幸せを感じる。

だからなのか、70年代にトレンドの最先端を走っていた方に憧れる。そして、恋焦がれる。
ワタシが知っている方達は、デジタル過ぎず 人間味あふれる感性を持った方が多く
話を聞いていて、とても楽しい。
仕事でピンチに立たされた時も、何度もそんな優しい方達に大きな心で助けて頂いた。

だから、30を過ぎてから 同年代に全くと言っていい程、興味がなくなってしまった。
友達としては付き合えるが、異性として見れない。何を話して良いか分からない。
先日、勤務先の売り場にて 以前にお世話になった方達と、また仕事をご一緒する事となり
テナント部長 計4人囲まれて打ち合わせをした後、
すかさず向かいのショップのYさんがワタシに一言。
「あんた、さっき おじ様方に囲まれて 最高にテンション高かった!
 思わず、 うちのスタッフにも その事話して じっと観察してたわぁ。」と。
自分では、いたって普通のつもりだったが その日は、連日の残業で
朝から疲労で グッタリしていたのに、アドレナリンが沸いたのか シャキンと元気になっていた。
ワタシも一言「I LOVE 50から上♪」
Yさん「青二才で すみません。」

今月のお勧めのお店は、阪急梅田駅すぐの 『マルマン』
新梅田食堂街の中にある昭和を感じさせる昔ながらの洋食屋。
昔、空腹で電池切れ寸前での帰宅途中 インスピレーションで選んだお店だ。
店内に入ると、その日は時間が遅かったせいか女性はワタシただ一人。
どうしようかと一瞬ひるんだが、その時には もう電池切れ。
まぁいっかと、お爺ちゃんが座っているテーブル席に相席させて頂いた。
メニューを見ると、なんと 開店時からオーダーストップまでランチをやっている。
でも、ガッツリお肉を食べたい でも、ステーキほど豪勢な物はいらない。
そんなこんなで、ビーフテリヤキとライスを注文した。
空っぽの胃をお冷で、だましだまし していると お待ちかねが登場!
白いお皿に ビーフテリヤキが5切れ・小学校の給食を思い出させるソフト麺のような
伸びて太くなったスパゲティのケチャップ炒め・そしてギザギザのフレンチフライポテト。
懐かしさいっぱいの一皿。 まずは、メインのテリヤキとライスを一緒にパクリッ。
甘すぎず 脂っこくなく さっぱり そして、お肉も柔らかく かなり美味しい。
ワタシの味覚では、ランプ肉を お醤油・みりん・バター
そして隠し味にウスターソースを使っていると 思われるソースに漬け込んで焼いているようだ。
今までに出会ったことのない癖になるお味で、ケチャップスパと一緒に食べると 美味しさ倍増。
半期に一度は、食べたくなる。先日も ふと食べたくなり行って見た。
相変わらず おじ様のオアシスの中で、今回は カウンター席で壁に向かい
美味しさでこっそり笑みを 浮かべながら黙々と味わった。


大阪市北区角田町9-29 新梅田食道街内
TEL:06-6361-4477
▲このページのTOPへ