写真
スノードロップ   北山緑化植物園

咲いているのを見ると、ほほえみたくなるようなスノードロップ。
寒気の和らいだ1月末、山沿い植物園でスノードロップが咲いていました。
その名前のように雪のひとしずくを思わせる小さな花は純白で2センチにも満たない程です。
これまでに見かけたスノードロップは背丈が20センチ程ですが、
早咲きのスノードロップはその半分程で、
土にへばりつくようにやっと一株咲いていました。
夜間には花びらを閉じて昼間の暖気を閉じ込めると言われるこの花は、
環境に適応して数日前の雪の中でも咲いていたのでしょう。
スノードロップが咲いているとの情報を得て、久しぶりに戸外に出てみると
葉を落とした木々の枝が冬空に映えて、冷気が心地良く感じられました。

写真
     




▲このページのTOPへ